Products

プロダクツ・クラウドサービス

クロスアイデンティファイ

利用者の安全を確保する強固な本人認証サービスです。セキュリティスマートデバイスや電話を用いた2経路認証方式に対応し、なりすましの脅威や不正利用によるアクセスからお客様の情報資産を守ります。

総合本人認証サービス

クロスアイデンティファイ

特徴

FEATURE

各種トークンを用いたワンタイムパスワード(OTP)認証に加え、スマートデバイスアプリや、電話、SMSなどPSTN網を用いた二経路認証に対応した総合的な本人認証サービスです。確実な本人認証を実現し、不正利用やなりすましを防止します。マイナンバーのセキュリティ対策としても最適な本人認証サービスです。

二要素認証方式を幅広く網羅

スマートデバイスアプリや電話、SMSなどPSTN網を用いた二経路認証
ソフトウェアトークン、ハードウェアトークンを用いたOTP認証
ご利用方法に応じて最適な本人認証方式(パスワード認証やバイオメトリクス認証)を選択可能

低コストで簡単導入

短期間、低コストでの導入を可能にするクラウド型サービスもご提供
認証リポジトリは、LDAPディレクトリに対応

銀行セキュリティ対策で培われた技術者による安心サポート

金融機関を中心に世界32ヵ国で約1,500社へ二経路認証サービスを提供している(米)Authentify社と共同開発

充実した管理機能

直観的な管理インターフェースやユーザ自身によるアカウントロック解除やPINリセット等のセルフメンテナンス機能を標準装備

活用例

USE CASE

  • 金融サービス
  • Eコマース
  • 病院/介護/ヘルスケア
  • マイナンバーセキュリティ対策
  • 教育/転職サービス
  • リモートネットワーク接続

MAF(メールアプリケーションファイアーウォール)

クラウド型で導入が簡単な新メールセキュリティ対策です。添付ファイルの受信制限や特定送信者のホワイトリスト化・ブラックリスト化を容易に行うことができます。

新クラウド型メールセキュリティサービス

特徴

FEATURE

添付ファイルメール受信制限

誰から来たのかわからないメールの添付ファイルを開くことは大変危険!
添付ファイル付きメールを検知遮断します。また、任意のURL・キーワードを設定することにより該当文字が含まれたメールをクラウドサーバが遮断します。ペンディングリストとして管理することもできます。

メール受信を特定の送信者アドレスに限定

指定した送信者のメールアドレスまたはドメインからのメールのみを受信します。 また、指定されたメールアドレスをクラウドサーバが遮断し、ペンディングリストとして管理することができます。

送信者の確認(なりすまし防止)

送信者のメールが正しい送信元から送られたものか、折り返しのメールまたは電話認証で送信者を確認し、なりすましメールの受信を防止します(オプション機能)。

クラウド型で導入が簡単

MAF(メールアプリケーションファイアーウォール)クラウド版は貴社が管理するDNSの設定を変えるだけでサービス導入が可能です。 既存のメールサーバの変更は基本的に必要ありません 。
※一部のメールサーバでは一定の制約が生じる可能性がありますので、個別にご相談ください。

システム概要

OVERVIEW

MAFシステム概要

※当サービスは東京都中小企業振興公社「革新的サービスの事業化支援事業」支援対象プロジェクトです。